ステージ

メディアンプロ新人育成“スタジオQ公演”開催!

舞台プロデュースを手がける弊社では所有のイベントスペースにおいて、定期的に小規模のスタジオ公演を開催しています。
まだ舞台経験が少ない新人・若手で構成された新人・若手育成公演です。
イベントスペースでの公演ですのでステージは小さいし立派な美術セットもありません。しかし出演者を8人程度に絞りますので、 ちょい役とかアンサンブルということはなく、初舞台でもがっつり本役になり、約2週間みっちり稽古を行います。
『人前で演じたことがない』、『舞台経験がなくオーディションが受からない』、『久しぶりに舞台出演したい』等、
本格的に小劇場デビューする前のステップアップの場になればと思います。
ここで舞台経験を積んで、いずれは弊社の本公演への起用、また所属という事も十分にあると思います。
出演者オーディションは随時開催していますので、まずはエントリーしてみてください!

【公演概要】
メディアンプロ第13回Q公演
◆名称:チョコとちょこっとおかしな模様
◆脚本・演出:吉川ひろあき
◆日程:1/24(金)@19:30
    1/25(土)A12:30 B16:00 C19:30
    1/26(日)D14:00 E18:00
◆場所:LiveStudio新宿Q(東京都新宿区新宿5-4-1-B1)
◆料金:前売¥2100 当日¥2600
◆出演:伊藤暁人/桜羽まりの/高橋結花/眞田祐眞/宮下喜子/糸井まい/東雲ひいろ/福本 悠
◆予約:1/8正午開始! https://www.quartet-online.net/ticket/choko
*開場は開演の30分前。上演時間約50分、終演後物販あり

【あらすじ】
「実はこのチョコ、ちょこっと秘密があるんですよ」
喫茶リテラリーの店長、夏目純玲はこんな事を言い出した。
専属パティシエの三島尚也はまたいつもの事だと呆れ顔で思う。
早くして欲しい、こっちはバレンタインをひかえ新メニューの相談がしたいのにこれだ。
「実はこれ、なんと、惚れ薬が入ってるらしいんです!」
危ない、危なすぎる!この人はいつもそうだ、珍しいもの、面白いもの、変なもの、変なもの、変なもの。
とにかく、おかしな物、おかしな事、もう全部が唐突なんだ。今回もどこかで誰かに勧められたんだろう。
いや、勧められたものをそのまますんなり受け取ってしまう人も悪い。
これは、チョコで巻き起こる、ちょこっとおかしなラブコメディー?

【脚本・演出/吉川ひろあき・プロフィール】
1988年1月14日生/0型/ジャスティスジャパンエンターテイメント所属
「ありふれた日常にほんの少しのスパイスを」をコンセプトに作、演出、役者として活動。
少しのスパイスを加えることにより変貌する日常を描き、少しの変化で楽しくなる、笑える、
泣ける。そんな日常作品を小劇場、カフェ公演を中心におくる。
過去に下北沢、池袋等の小劇場で7作品発表のち
2017年11月には初のファンタジー作品「キミとボクとの壊れた世界」シアターモリエールにて上演。
今回は原点である、少し捻じ曲げた日常を書きおろす。

【販売予定GOODS】
1、2L判版集合写真      ¥500
2、2ショットチェキ     ¥1000
3、舞台DVD         ¥2000

パッケージ写真