オーディション

第11回本公演 出演者オーディション!

【はじめに】
舞台プロデュース第1回目を飾り、今も再演希望が多い中、ついに3年振りの再演!!。

【公演概要】
◆公演名:さよならRADIO 2019
◆脚本・演出:友池一彦
◆劇場:新宿シアターブラッツ(東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1/100席)
◆日程:10/30(水)〜11/4(月)(全10公演予定)
◆料金:前売り¥4000 当日¥4500

【あらすじ】
存続が危ぶまれる地方のコミュニティFM局。
災害からの復興支援で開局した放送局も復興の進んだ街では用済み。
目的が見えなくなった局員たち。方向性の見えない番組プログラム。
新番組のパーソナリティーはスキャンダルを抱えた売れないアイドル。
…局長は閉鎖するかどうかの選択に迫られていた。
そんななか開かれる局員の誕生パーティーと、放送局に忍び寄る謎の集団。
その時、RADIOから聞こえてくるメッセージは!?
「…君が本当に伝えたいメッセージって何? 誰かの受け売りじゃなくってさ」
特別な人に憧れた弱虫の大人たちに贈る、ハートフル・コメディー!!!

【脚本・演出/友池一彦・プロフィール】
作・演出を手がける演劇作品が完売公演を続け好評を得るなか、話題の映画作品の脚本、WEB 動画、
ショートフイルムの監督なども手かがける。松竹芸能でタレントとしても活動する。友山企画代表。
2015 年、脚本を書いた作品が浅草喜劇台本優秀賞受賞。チーム進火RON旗揚げ。完売公演を 続ける。
他団体の脚本や演出、外部公演も頻繁に行う。
2016 年、作演出した作品が阿佐ヶ谷演劇奨励賞、ルナティック演劇祭にて主要三賞を受賞。
2017 年、商業演劇にも進出し8本の演劇作品の脚本、6本の舞台演出を手がける。
脚本を手がけた映画「すんどめ!」がシネマトゥディのユーザーランキング一位に選ばれる。
2018 年、脚本を担当した東映映画「ちょっとまて野球部!」(須賀健太・主演)が全国公開される。
その他二作品の劇場公開映画の脚本、WEB動画の監督も担当する。
2019年、作演出を手がけた築地ブディストホールの公演「注意書きの多い料理店」が、こりっちユーザー
ランキングで一位を獲得。
2020年、1月に本多劇場にて作演出の公演を予定する。

【募集要項】
・15歳(高校生以上)〜40歳。性別・国籍・経験不問。
・未成年者は事前に保護者の承認が必要です。
・プロアマ不問。プロダクション所属の方はプロダクションより応募ください。
・9月下旬頃から稽古開始、本番終了まで参加出来る方。
・公演グッズ、チェキ等があります。物販に協力できること。

【ギャランティ】
・原則ノルマなしのチケットバック制。20枚以上は販売見込める方。
 また、金額・発生枚数は実績等を考慮のうえ相談となります。
・公演グッズ等の物販あり。個別グッズにはバックあります。

【応募方法】
◆メールの場合
件名「第11回本公演」とし、本文に名前・住所・生年月日・経歴・連絡先・自己アピール・上半身、全身写真を
記載の上メールにてお送り下さい。
メールアドレス
info@median-pro.jp
お問い合わせにつきましても上記アドレスにて受付しています。

◆郵送の場合
履歴書(事務所プロフィール可)必ずメルアド記入のうえ、写真2枚(全身・上半身)を添付。
(応募書類の返却はいたしません)

◆宛先
〒160-0022東京都新宿区新宿5-4-1-B1
(有)ドリームジャパン/メディアンプロ『第8回本公演』係

◆締切
郵送:7月25日(消印有効)
*書類審査通過者のみ連絡し、二次審査を7月下旬に行います。

【稽古について】
前半は週3日ほどの稽古。本番1週間前からは毎日の稽古となります。