オーディション

メディアンプロ第6回本公演 出演者オーディション!

2010年2月荒木太朗をリーダーとするTEAM the ROCKETS(現、劇団シアターザロケッツ)旗揚げ演目。
そして2011年3月劇場版映画公開。7年の時を経て原作者荒木太朗監修の元、大胆に大幅にリメイクされ7年ぶりの再演!?

【公演概要】
◆公演名/ニャンダフルデー 〜追憶〜
◆脚本・演出/鶴深ゆうじ
◆原作・監修/荒木太朗(劇団シアターザロケッツ主宰)
◆料金/前売り¥3900 当日¥4400
◆期間/2018年9/25(火)〜9/30(日)(全9公演予定)
◆劇場/新宿・シアターブラッツ(東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1/キャパ100席)

【あらすじ】
兄は自殺だったのか? それとも事故死だったのか?
千明は公園のベンチの背に一枚の紙を貼る。それは、その公園に住み着いていた猫を探す為の
呼びかけだった。貼り紙を見てベンチに訪れた人の前で、千明の口から語られた真の目的は
猫探しではなかった。
兄が残した宛名のないラブレター。一体このラブレターは誰に渡すつもりだったのか?
文章から伝わる兄の人柄と想い。こんな手紙を残して自殺なんかするのか?
千明は真実を調べ、ラブレターを本来の人に渡そうと動き出す!
今だからこそ、大切な思いは手紙で伝えたい…心暖まるミステリー・コメディー!

【脚本・演出/鶴深ゆうじ・プロフィール】
1982年3月12日生/栃木県出身/A型
THE TOKYO BANDITs主宰/Rave Amenityメンバーとしても活動。
2005年に初舞台経験。以降、舞台を中心に活動し50本以上の舞台に出演する。
2015年に演劇ユニット『THE TOKYO BANDITs』を設立し、作・演出を手掛ける。
以後、役者として出演する傍ら脚本・演出も行っている。

【募集要項】
・15歳(高校生以上)〜45歳。性別・国籍・経験不問。
・未成年者は事前に保護者の承認が必要です。
・プロアマ不問。プロダクション所属の方はプロダクションより応募ください。
・4月下旬頃から稽古開始、本番終了まで参加出来る方。
・原則ノルマなしのチャージバック制。金額・発生枚数は実績等を考慮のうえ相談となります。
・公演グッズ等の物販あり。個別グッズにはバックあります。

【応募方法】
◆メールの場合
件名「第6回本公演」とし、本文に名前・住所・生年月日・経歴・連絡先・自己アピール・上半身、全身写真を
記載の上メールにてお送り下さい。
メールアドレス
info@median-pro.jp
お問い合わせにつきましても上記アドレスにて受付しています。

◆郵送の場合
履歴書(事務所プロフィール可)必ずメルアド記入のうえ、写真2枚(全身・上半身)を添付。
(応募書類の返却はいたしません)

◆宛先
〒160-0022東京都新宿区新宿5-4-1-B1
(有)ドリームジャパン/メディアンプロ『第5回本公演』係

【締 切】
郵送:6月30日(消印有効)
*書類審査を通過された方のみ、折り返しオーディション日程のご連絡を致します。
 オーディションは7月上旬を予定。

【稽古について】
前半は週3日ほどの稽古。本番約2週間前からは概ね毎日の稽古となります。